HOME > 大学紹介 > 教育?研究 > 教育?研究の取組

教育?研究の取組

静岡大学の重点研究

超領域研究推進

本学では、3つの重点研究分野(第二期中期目標期間は4分野)を定め、それぞれの優れた研究成果やポテンシャルを持ち寄り、多様な学術基盤の連携?融合による研究成果の格段の向上、新研究領域の開拓?多様な分野と国際的に通用する研究人材の育成、外部資金獲得の取組等を推進するため、その推進主体となる「超領域研究推進本部」を平成23年度から設置しています。

超領域研究推進専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ? 超領域研究推進本部概要
  • ? 重点研究3分野
    (光応用?イメージング、環境?エネルギーシステム、グリーンバイオ科学)
  • ? 超領域研究会など

このページTOPへ

「研究フェロー」及び「若手重点研究者」の制度

本学の研究戦略を推進する方策のひとつとして、「静岡大学研究フェロー(平成27年度までは卓越研究者)」と「静岡大学若手重点研究者」の制度を制定し、これら称号を授与する教員を選定しました。
教育研究活動の情報発信等を通し、研究者の更なる研鑽や、将来を担う学内外の若者の鼓舞、共同研究、産学連携?社会連携等を一層推進するとともに、地域社会への貢献を目指しています。

「卓越研究者」及び「若手重点研究者」の制度専用ページへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ? 制度制定、選定について
  • ? 研究フェロー一覧
  • ? 若手重点研究者一覧 など

このページTOPへ

プロジェクト研究所

若手研究者から提案のあった社会的要請の高い分野の研究、静岡大学の特色を活かした学際的プロジェクト研究、及び、産学官連携に資する研究等の推進などを実現するため、令和元年度から、静岡大学学術院に所属する教員を所長とし、学内及び学外の研究者で構成されるプロジェクト研究所を3年以内の期間で学長が許可し設置するものです。

プロジェクト研究所専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ?プロジェクト研究所とは
  • ?プロジェクト研究所紹介

このページTOPへ

テニュアトラック普及?定着事業

静岡大学では、中期目標中期計画に定める重点研究分野の研究を推進するため、平成22年度よりテニュアトラック制を導入しました。
5年間のテニュアトラック教員ポストは、部局に措置され、国際公募?選考は実施部局が行うものの、全学人事管理委員会が全体に関与することとしています。部局に採用後は、研究の自主性?独立性を確保し諸環境を整備するとともに、十分な研究費を与え、研究リーダーとなる教員?研究者を育成することとしています。

テニュアトラック普及?定着事業専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ?事業概要
  • ?研究者紹介
  • ?公募情報
  • ?GRLセミナー
  • ?テニュア?トラック制に関する規則
  • ?活動状況 など

若手グローバル研究リーダー育成拠点(H20~24年度)
平成20年度科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進事業」の採択を受け、テニュア?トラック制度を導入し、その拠点として設置されました。

このページTOPへ

過去の教育?研究の取組

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。